ペニトリン薬局

恥ずかしいから?

ペニトリンは一般的に通販限定で販売されている商品として知られており、薬局(店頭販売)はされていません。

 

これはペニトリンだけではなく多くのペニス増大などの効果を持っている医薬品が同じように薬局(店頭販売)では取り扱われていないということになっており、薬局ではサプリメントなどの形で販売されているものが主体となっています。

 

 

ペニトリンを薬局(店頭販売)しない理由は非常にシンプルなものとなっていて、店頭でペニトリンのような精力増強やペニス増大効果のあるという商品を手に取ることは抵抗があるという人が非常に多いからです。

 

 

特に近所の薬局の場合は知り合いに遭遇する可能性が高いですし、知り合いが近くにいないところで購入するとしてもレジなど人目に触れる事を恥ずかしいと感じる人は多いので薬局(店頭販売)では陳列されていたとしても購入することができないと言う人が多いと言うところが大きな理由になっていると言われています。

 

 

また上記と似たような理由になるのですが薬局側の理由として、商品のPRや宣伝をしにくいと言うところも販売されていない理由として言われています。

 

 

一般的な商品であれば気兼ねなくPRの広告を出すことが出来ますし店頭でも宣伝することができるようになっているのですが、ペニトリンのような商品の場合は店頭など目立ったところで宣伝をするということが難しいですしそういうものを販売している薬局ということで多くの人から敬遠されてしまう可能性があるのです。

 

 

それによって販売している薬局側としても利益が出ないだけではなく薬局そのもののイメージを損なってしまうリスクがあるので、販売したくないと考えているところがほとんどです。

 

 

ペニトリンを販売している会社としても利益が出ないところで販売するメリットはないので、薬局(店頭販売)ではなく人目に触れずに購入することができるインターネット通販をメインとするようになったということのようです。

ペニトリン公式キャンペーン
>>ペニトリン最新キャンペーンを確認する